ホームページ > ニュース > 本文
自動溶接配管パイプ ワークステーションについて
Aug 04, 2016

自動溶接配管パイプ ワークステーションについて


基本的な構成:

2 セットの配管プレハブ自動溶接機・配管カンチレバー自動溶接機/Portable 配管自動溶接機/Heavy 壁厚配管自動溶接機、2 セット レール andamp; 特別な改造で作られた 6 m コンテナーの 1 つの PCトロリーの搬送システム、配管の 2 セット カンチレバー クレーン (オプション) およびソース/溶接機/の SAW 溶接機の溶接 2


生産効率: 450 〜 650 日あたり (DN200 SCH40) O. D インチ


機器可動: 優れた (放射線半径キャリアとしてコンテナーを使用する場合の制限) なし


アプリケーション範囲: 使用標準壁厚パイプの大半といくつかの重い壁厚パイプ プロジェクトまたはひどい壁厚パイプの大半といくつかの標準的な壁の厚さ pipes(PAWWS-24Ad) プロジェクト。

技術的なパラメーター:
適用パイプ径: DN50~600(60~610)/DN50-600(60-610)/DN50-300(60-325)/DN150-600(168-610)
パイプの壁厚さの適用: 3-20/3-20/3-20/10-60 MM
該当する材料: 炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼、低温鋼
適用溶接: パイプ管、エルボ管、管フランジ、フランジ フランジとフランジ肘などなどパイプ スプールの突合せ溶接の様々 な。